ゆたか証券ゆたか証券

お客様とのふれあいを大切にする証券会社

ゆたかネットログイン・リアルタイム株価情報はこちら

口座を開設したい 会員向けログイン

プットの買い

3.プットの買い

今後の相場の値下がりを予想

例)権利行使価格14,000円のプット・オプション(権利行使価格で売る権利)をプレミアム(オプション料)100円で1枚購入した場合

取引の流れ

1. プレミアムを買う
プレミアム(オプション料)を買う場合、必要な資金はプレミアムの価格を1,000倍した金額となります。
プレミアム=100円×1枚×1,000倍=100,000円
2. 予想通りSQ値が損益分岐点より安く(例 13,500円)なった場合
損益=(14,000円-13,500円)×1枚×1,000倍-プレミアム
=500,000円-100,000円=400,000円
→400,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。
14,000円で売る権利を行使することで、日経平均株価をSQ値13,500円で買って14,000円で売ることができます。
損益分岐点
損益分岐点=権利行使価格-支払プレミアムとなります。
上記取引例では、
損益分岐点=14,000円-100円=13,900円
→SQ値が13,900円を下回っていれば利益 、13,900円を上回っていれば損失となります(手数料は考慮しておりません)。

プレミアムを売買する

相場の状況に応じてプレミアム(オプション料)自身も変動します。
プレミアムが上昇した場合は、権利を行使せず満期(SQ)前にプレミアムを売ることによって利益を得ることも出来ます。
例)権利行使価格14,000円のプット・オプションが110円に上昇した時点で売却した場合
損益=(110円-100円)×1枚×1,000倍=10,000円
→10,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。


損益分岐点=権利行使価格-支払プレミアムとなります。
上記取引例では、
損益分岐点=14,000円-100円=13,900円
→SQ値が13,900円を下回っていれば利益 、13,900円を上回っていれば損失となります(手数料は考慮しておりません)。

予想が外れた場合の損失

予想に反して相場が上昇し、SQ値が損益分岐点を上回ってしまった場合においても、当初プット・オプションを購入した際のプレミアム分以上の損失は発生しません。つまり、プット・オプションの「買い手」にとって利益は無限大である一方、損失は支払いプレミアムに限定されます。
→最大でも、100,000円の損失となります(手数料は考慮しておりません)。

デリバディブ取引キャンペーン情報

ゆたかネットのキャンペーンはこちら