ゆたか証券ゆたか証券

お客様とのふれあいを大切にする証券会社

ゆたかネットログイン・リアルタイム株価情報はこちら

口座を開設したい 会員向けログイン

オプション取引とは

日経平均オプション取引

ゆたか証券では日経平均連動のデリバティブ商品を中心に、お客様からのニーズに合わせて、個別株のオプション取引や仕組債などの取り扱いもございます。
ご興味をお持ちのお客様はゆたか証券営業店までお問い合わせください。

オプション取引とは

オプション取引とは、ある特定の商品を、あらかじめ定められた期日(満期日)、または期間内に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で、買い付ける権利(コール・オプション)あるいは売り付ける権利(プット・オプション)をいい、この権利を取引することをオプション取引といいます。
ゆたか証券では、日経225オプション取引など株式指数に連動した商品や、個別株を原資としたオプション商品を取り扱っております。

日経225オプション

日経225オプション取引とは、特定の期日に定められた価格で日経平均株価を売買する権利(オプション)を取引です。特定の期日を満期(SQ)日と呼び、毎月第2金曜日(祝祭日の場合前営業日)となります。定められた価格は権利行使価格と呼ばれます。取引最終日(SQ日の前営業日)までに反対売買を行わない場合はSQ値(満期日の日経平均株価構成銘柄の始値に基づいて算出される指数)によって決済されます。
また、権利(オプション)の価格はプレミアム(オプション料)といいます。

日経225オプション取引の考え方

日経225オプション取引は対象となる日経平均株価が将来どのような値動きをしても利益をあげるチャンスがあります。将来値上がりあるいは値下がりを予想するか、大きく変動するかあるいは小さく変動するかによって取引の方法が決定されます。

日経225オプション取引のイメージ図

SQ値が権利行使価格より上がっており、その変動幅が大きいと予測する場合
→コールの買いもしくはストラドルの買い


SQ値が権利行使価格より下がっているが、その変動幅はあまり大きくないと予測する場合 →コールの売りもしくはストラドルの売り


SQ値が上がるか下がるかわからないが、権利行使価格からその変動幅は大きいと予測する場合 →ストラドルの買い

※イメージ図はあくまで参考です。

デリバディブ取引キャンペーン情報

ゆたかネットのキャンペーンはこちら