社長メッセージ

社長メッセージ 社長メッセージ

求める適性・人財

当社の考える適性

証券会社には製造業などとは違い確固たる製品があるわけではありません。あるのは一人ひとりの営業員が提供するサービスです。我々はマンパワーが支えているといっても過言ではありません。一人ひとりの頑張りが積み上がり、それが会社の実力となります。

証券会社で実際に働くということは、皆さんが想像されている以上に厳しいと思います。毎年毎年「証券会社は厳しい」と覚悟して多くの方が入社するにも関わらず、それでも多くが離職していく。いかに厳しいかが分かると思います。では、何がそれほどまでに厳しいのか。「お客様を獲得しにくい」「営業活動が泥臭い」確かにそういう厳しさもあります。ただこの点は他業界の営業も同じであると思います。お客様を獲得しやすい業界は逆に継続的な取引を維持することが難しいと考えられるし、営業活動はどこも泥臭いものです。

証券会社特有の厳しさとは、価格が変動する=リスク商品を取り扱っているという点に尽きると思います。証券会社で取り扱う金融商品とは、他のどの商品とも違って商品自体に利用価値がありません。「購入した時点より価格が上昇した時点で売却して利益を得る」それのみに価値があります。

また、その価格は我々がコントロールできない市場環境によって変動します。営業員がどれだけ努力しても、市況環境によっては結果的にお客様に損失を発生させてしまうという事態が起きることになります。損失を発生させたということは我々の努力には価値がなかったということに繋がります。

リスク資産を取り扱うことの厳しさは、努力の量とは比例せず、時にお客様に損失を与えてしまうという厳しさにあります。

よって、証券会社で仕事をするということは精神的に強くなければ務まりません。当社を志望する方は、東海地区で仕事をしたいという方が多いようです。そのため、地方銀行や信用金庫などと並行して志望される方が多いと思います。不遜な言い方かもしれませんが、それらを第一志望とされる方は、証券会社を同じ地元金融機関として希望することはやめた方が良いと思います。それは前述の通り、取り扱っている金融商品のリスク度合いが全く違うからです。リスク度合いが違う=それは全く違う業界であるといえると思います。

求める人財像

当社が求める人財像とは「精神的に強い」という一言に凝縮されていますが、敢えてポイントを3つ付け加えるとすれば、第一に人として明るいということ、第二に忍耐力があるということ、最後にハングリーであるということです。 我々の扱う商品はリスク商品=誰もわからない未来に投資する商品です。知識の豊富はもちろんですが、お客様の背中を押す営業員自身の明るさがないといけません。そして、我々は専門性が高い仕事のため、たくさんの経験と知識が身につかないと一人前にはなれません。

世の中にはずっと早く一人前になれる仕事はたくさんあります。我々の仕事は違います。3~5年歯を食いしばって下積みをしてようやく一人前になるといえます。忍耐力は何よりも重要です。さらに長く証券営業を続けようと思うのであれば、上司などからの指示で仕事をするという受け身の姿勢ではなく、自らが能動的に働くことが大切です。その場合、「同期で一番になろう」「もっと給料をもらおう」何でも良いです。目指す姿に邁進していくハングリーな姿勢が何よりも大切です。

  • SHARE ON